換金率が高いのは問題ないの?

何事においても高すぎたり安すぎたりすることには裏があることがあります。それは良いところばかりを提示されている、そんな心境に近いのかもしれません。クレジットカードを活用したクレジットカード現金化で問題となるのは、この場合換金率の高さです。 

なんといってもこの換金利いかんによっては得られる現金の額が全然違うものになってくるからです。

 

たとえば、5%程度の違いは100円ならばそんなに目立ちませんが、5万円にもなってくれば金額的に100倍近い違いにかわるのです。つまり額が大きくなればなるほど1%の違いというこれだけの換金率で全然違うものとなってくると言うわけなのです。

では換金率が低いものはどうしてそうなっているのでしょうか。

 

一つには業者の手数料やそれにかかる率が減ってしまうというのがあるようです。

それ以外にも、実質的には掛かっていないけれど、経営的な事情のために換金率を下げているということもあります。どの事情であるかは、換金してもらう方からすればあまり関係なさそうですが、相手への信頼度を測るためには必須です。

 

中にはすごく高い費用を回収して換金率を下げているところもあって、それを避けるためにも換金率が高いところを見つけるのは重要な要件となってきます。

とはいえ、高すぎるのもちょっと問題があるような気がしてしまいますよね。最初にも書いたように、換金の数字ばかりを追っていると足元をすくわれる可能性があるので、それ以外の要素も見ておくことです。ここで紹介したのがそんな時のための有効な手段だといえるかもしれません。


タグ :